カートをみる 会員登録 ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

MCAM400カメラモジュール(OV4689、400万画素、Nanopc-T4ボードと直結可)

MCAM400カメラモジュール(OV4689、400万画素、Nanopc-T4ボードと直結可)

OmniVision Technologies社製イメージセンサーOV4689を使った400万画素CMOSカメラモジュール、Nanopc-T4(RK3399)ボードと直結で利用できる。
本モジュールはMIPI 信号出力を使用し、最大 2688x1520 の解像度の写真撮影と 4MP@30fps ビデオ録画をサポートする。 可視光レンズ及び赤外(IR)レンズを選択可能。

MCAM400カメラモジュール(OV4689、400万画素、Nanopc-T4ボードと直結可)

価格:

3,200円 (税込 3,520円)

[ポイント還元 35ポイント~]
レンズ:
購入数:
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

製品仕様

  • イメージセンサー:OV4689、400万画素
  • Nanopc-T4ボードと直結で利用できる
  • IR CUT切換ドライバー回路を搭載
  • 4-lane MIPIインタフェース
  • M12レンズ
  • PCB Size: 38mm*38mm
  • 接続コネクタ: FPC_30P_0.5、4レーンMIPI出力
  • イメージセンサー パラメータ:
    センサーサイズ:1/3"
    画素サイズ:2.0 μm x 2.0 μm
    最大解像度:2688H x 1520V
    データ出力フォーマット:10-bit RAW RGB
    SNR(Signal to Noise Ratio):38.3dB
    ダイナミックレンジ:64.6dB@1xgain
    感度:1900mv/lux-sec
    動作温度:0℃ to +60℃
    保存温度:-30℃ to +85℃
  • 可視光レンズパラメータ:
    レンズ焦点距離:3.3mm(F2.2)
    最大視角(対角/水平/垂直):135度/110度/80度
    FBL と BFL:4.28mm, 4.38mm
    TTL: 21.5mm
    TVディストーション(TV Distortion):< -15%
    光学構造:4G+IR CUT
    波長:400nm-650nm
    スレッド:M12x0.5
    鏡筒材質:アルミニウム合金
  • 赤外(IR)レンズ パラメータ
    レンズ焦点距離:3.6mm(F2.0)
    最大視角(対角/水平/垂直):132度/102度/76度
    FBL と BFL:7.67mm/5mm
    TTL: 21.5mm
    TVディストーション(TV Distortion):< -35%
    光学構造:5x6G
    スレッド:M12x0.5
    鏡筒材質:アルミニウム合金
  • OS Support:
    Android 7.1.2 + Camera app
    Android 8.1 + TensorFlow Lite, Camera app
    FriendlyCore 18.04 (64-bit) + Gstreamer 1.0
    FriendlyDesktop 18.04 (64-bit) + Gstreamer 1.0
    Lubuntu 16.04 (32-bit) + Gstreamer 1.0
  • Kernel version:
    Linux-4.4-LTS
    U-boot-2014.10

各種資料

データシート: Datasheet.zip
その他参考資料: IR CUT切換ドライバー回路図


FPCコネクタ30ピンの定義

Pin# Name Description
1 VDD_5V 5V input, 3.6V to 5.5V
2 VDD_5V 5V input, 3.6V to 5.5V
3 GND Return current path
4 /NC no connection
5 /NC no connection
6 VCC_IO power and reference level for I2C, PWDN, XSHUTDOWN circuit, typical 1.8V
7 /NC no connection
8 /NC no connection
9 I2C_SCL I2C clock signal
10 I2C_SDA I2C data signal
11 XSHUTDOWN XSHUTDOWN signal of OV4689 , connect to GPIO
12 /NC no connection
13 GND Return current path
14 EXTCLK EXTCLK to OV4689
15 GND Return current path
16 MIPI_D3P MIPI TX data lane 3 positive output
17 MIPI_D3N MIPI TX data lane 3 negative output
18 GND Return current path
19 MIPI_D2P MIPI TX data lane 2 positive output
20 MIPI_D2N MIPI TX data lane 2 negative output
21 GND Return current path
22 MIPI_D1P MIPI TX data lane 1 positive output
23 MIPI_D1N MIPI TX data lane 1 negative output
24 GND Return current path
25 MIPI_CLKP MIPI TX clock lane positive output
26 MIPI_CLKN MIPI TX clock lane negative output
27 GND Return current path
28 MIPI_D0P MIPI TX data lane 0 positive output
29 MIPI_D0N MIPI TX data lane 0 negative output
30 GND Return current path

応用事例


★★★★★Nanopc-T4ボードと直結する際のハードウェア接続イメージ★★★★★


★★★★★AndroidでTensorFlow Liteを利用してもの・顔認識機能を実現★★★★★
Android8.0でTfLiteSSDDemo.apkをインストールしてもの・顔認識機能を実現する。イメージは下図とおり:


★★★★★LinuxでOpenCVを利用してもの・顔認識機能を実現する★★★★★
OpenCVのコマンドでもの・顔認識機能を実現する。詳細使用方法はこちらのURLをご参照ください

★★★★★ネットワーク監視カメラ機能を実現する★★★★★
RK3399 Linuxで、カメラを使用してリアルタイム ビデオ データ ストリームを収集し、RTMP 監視サーバーにプッシュする。クライアント側からこの RTMP サーバーにアクセスし、ビデオを視聴できる。

主なコマンド:

gst-launch-1.0 rkisp io-mode=4 path-iqf=/etc/cam_iq/rk-ov4689.xml ! \
video/x-raw,format=NV12,width=1280,height=720,framerate=30/1 ! queue ! mpph264enc ! h264parse ! \
flvmux name=mux streamable=true alsasrc device=hw:0 ! queue ! \
audioresample ! audio/x-raw,rate=48000 ! \
queue ! voaacenc bitrate=32000 ! aacparse ! queue ! mux. mux. ! \
rtmpsink sync=false location='rtmp://192.168.1.122:1935/live/test'

詳細使用方法はこちらのURLをご参照ください

モバイル端末からビデオを視聴する


PC端末からビデオを視聴する

★その他、アフターフォローは電話・メールで専門技術者がいつでも受け付けておりますので、
 製品使用に関するご心配は一切ございません。

関連商品

在庫   わずか

ARM/SoC AI(人工知能)評価ボードNanoPc-T4(RK3399、小型で豊富なインタフェース搭載、ヒートシンク付き)

25,600円(税込 28,160円)
◆Rockchip社のCortex A-72を2コア、A-52を4コア持つ6コア構成の高性能RK3399を搭載、周波数1.4GHz。4GB LPDDR3 RAM、16GB Flashメモリ搭載。Android 7.1とLubuntu Desktopをサポート。GPUとVPU加速処理を備えている。人工智能とディープラーニングの評価ボードに最適。
◆PCBサイズは100 x 60mm、2.4 G&5 GのデュアルWiFiモジュール搭載、ギガイーサネット、HDMI、LCD、Audio、Video、カメラI/F、USB、M.2 PCleなど、小型で豊富なインタフェースを搭載。

ページトップへ