カートをみる 会員登録 ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

OV7670カメラモジュール(30万画素、SCCBインタフェース)

製品概要

OV7670カメラモジュール(30万画素、SCCBインタフェース)

価格:

750円 (税込 810円)

[ポイント還元 8ポイント〜]
stm32評価キット:
購入数:
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

製品仕様

  • イメージセンサー:OV7670 CMOS、VGA−640(V)×480(V)
  • レンズ焦点距離:3.6mm(F2.5)
  • 光学サイズ:1/6型、画素セル:3.6um x 3.6um
  • フィールド角:25°(対角)
  • 小さいサイズ:3.5cm x 3.5cm
  • 低動作電圧:2.5V〜3.0VDC
  • 低動作電流:60mw(15fps VGA YUV format)
  • スリープモード<20μA
  • 保存温度:-30℃〜70℃
  • 動作温度:0℃〜50℃
  • 感度:1.3V/(Lux-sec)
  • インターフェース:標準SCCB(Serial Camera Control Bus)インターフェース(I2C互換)
  • データ出力フォーマット:Raw RGB、RGB(GRB4:2:2)、RGB(565/555/444)、YUV(4:2:2)、YCbCr(4:2:2)
  • データ出力解像度:VGA、CIF、CIF〜40x30の任意解像度
  • サンプリングタイプ:Vario Pixel
  • 接続コネクタ:2.54mmピッチ(2列)18ピン、ピンヘッダ

各種資料

データシート: OV7670_DS.pdf
SCCBインターフェース仕様書: ov-sccb.pdf
回路図: ov7670_sch_new.pdf
PCB寸法図: ov7670_pcb_new.bmp
レンズ仕様書: ov7725_lens.jpg
lens_mount_size.jpg
C8051及びSTM32サンプルソース(KEIL環境を利用): example_new.zip

インタフェース詳細


No. 名称 入力・出力 詳細
1 VCC 入力電源、3.3V
2 GND GND
3 SIO_C I SCCB制御クロック
4 SIO_D I/O SCCBデータ
5 VSYNC O 垂直同期信号
6 HREF O 水平同期信号
7 PCLK O Pixelクロック
8 XCLK I メインクロック、外部水晶発振器から供給或いは外部MCUから供給
9〜16 D7〜D0 O 画像データ
17 RESET I RESET信号、普段は高レベル
18 PWDN I パワーダウンモード信号、普段は低レベル

STM32カメラ評価キットと直結可能


STM32カメラ評価キット製品詳細ページへ

★その他、アフターフォローは電話・メールで専門技術者がいつでも受け付けておりますので、
 製品使用に関するご心配は一切ございません。

よくあるご質問

  • Q:本モジュールから画像データを収集する方法について
    A:下記4つの基本方法があります。
      1、直接MCUから収集する(高速のIOが必要なので、ハード的に実現するのが難しい)
      2、性能高い32bitのARMコア、MIPSコア、x86コアでcamera I/F内蔵して直接使用できるMCUを利用する、例えばARM9のS3C2440、STM32F4など
      3、DMA方式の収集方法
        16bit以上のDMA機能を持つ性能の高いMCUが必要で、DMA方式でバス或いはIOから収集した画像データをメモリに転送し、保存、画像処理或いは表示に使用できる。
      4、CMOSから出力した画像データをTFTに転送する。この方法だと、MCUを経由しないので、フレームレートは高い、QVGAであれば30fpsぐらいになる。
  • Q:FIFO付きと付いてないカメラモジュールがありますが、どう選びますか?
    A:ニーズによって選ぶ必要です。
     低速なMCUで画像収集する場合はカメラモジュールのクロックに合わせる必要のないFIFO付きの方を使用する。またFIFO付きの場合は、センサーから画像収集の方法ではなく、FIFOからデータ読取の方法を理解すれば良いので、初心者にとって入手し易い。FIFO付きの場合、アドレス検索機能はないので、非常に簡単な画像処理以外、ほとんど画像データ処理はできない。
     画像データを収集して表示するだけで、特に処理する必要ない場合はFIFO付いてないカメラモジュール+TFT+MCUで実現できる。性能高いMCUを使用する場合は、速度も速く、メモリも十分なので、FIFO付いてないカメラモジュールを使用しても良いでしょう。

ページトップへ